皆さん、こんにちは!

不安定な天気が続きますね。

来週は、酷暑になるらしい・・・ちょっと心配している岡野啓子です。

健康なカラダ、美しいカラダ、皆さんが望んでいることでしょう!
カラダのメンテナンスのような感覚で気軽に「ダイエット」を実践している人も多いかも知れません。

「食べ方の工夫」で太りやすさにちがいが出てきます。

私は、摂取カロリーより、消費カロリーが上回るように心がけています。

脂肪1kgを減らすのに、必要なカロリーは7200kcalです。

「約17時間半もランニングする」ことに相当するらしい。笑笑

筋肉は、脂肪の燃焼工場。

多ければ多いほど基礎代謝量を増やし、効率的に脂肪をエネルギーとして消費することができます。

筋肉を減らさずに脂肪を減らし、引き締まった美しいボディラインに成りたいですね!

体脂肪には、内臓の周りにつく「内臓脂肪」と、皮膚のすぐ下につく「皮下脂肪」があります。

「内臓脂肪」は生活習慣病のもとになりやすいですが、比較的エネルギーになりやすく落としやすいのが特徴です。

落ちにくいのが、「皮下脂肪」。

お腹や腰周りにつき、見た目にも影響しやすいのが特徴です。

皮下脂肪まで落として、ボディラインを引き締めるためには、じっくり取り組む必要があります。

運動することはもちろん、タンパク質などの筋肉の栄養源もしっかり取るようにしましょう。

あじさい

この記事を書いた人

岡野啓子
岡野啓子
元々学校の先生をしていた経歴を持ち、子供たちに対する指導には定評がある。
現在は当スクールのサポートスタッフとして活動。