こんにちは。

ルンバの動画公開がとりあえず一息ついてホッとしている山田圭一郎です。

メイン10種目のうち、まだ2種類。

先は長い、、、。

 

さて今回は、2015年8月1~2日に中央区立総合スポーツセンターにて開催された小・中・高校生ボールルームダンス・全日本チャンピオンシップの成績優秀者のご報告です。

 

ジュニアやジュブナイルの全日本戦の最高峰です。

みんな覚悟を持って挑んでいた様子です。

それでは、結果発表にいってみましょう!

 

スタンダード部門

今回はスタンダード部門の受賞者はいませんでした。

 

ラテンアメリカン部門

続いてラテンアメリカン部門の発表です。

  • 中学生・男女・ラテン 準決勝進出 泰永圭吾・小倉里桜 組
  • 中学生・女子・ラテン 第七位 小川真依・國馬藍里 組

 

中学生男女の部にて泰永・小倉組が準決勝進出です。

非常に良く動いていましたね。

運動量はピカイチでした。

納得の準決勝入りです。

 

小川・國馬組は女性同士のカップルとして女子部門に参戦しました。

國馬さんにはお会いしたことはありませんが、小川さんは熱心に練習に励んでいます。

中学生とは思えない集中力でしっかりとレッスンを受けています。

決勝七位はさすがですね!

 

総括

ジュニアクラスに通っているダンサーが大活躍の一日でした。

成績が良くなっている人もいれば、奮わなかった人もいるようです。

今回の成績は素直に受け止め、勝てた人はなぜ勝てたのか、負けた人はなぜ負けたのかを冷静に分析しましょう。

そうすれば次につながるダンスが出来るはずです。

 

若さから出る力強さと、大人になりかけの不安定さが魅力の学生ダンス。

また次回も楽しみです。

大人もドキドキ

出場された方、付き添いの親御さん、大変お疲れ様でした。

 

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。