こんにちは。

今年こそは週末花見に!と思っていたら、天気予報に「雨です」と言われ落ち込んでいる山田圭一郎です。

ゆっくり花見をしたのはいつが最後だろうか、、、。

 

さて、競技会シーズンもいよいよ本格化してきましたね。

今回は、2015年3月15日に深谷市ビッグタートル(サブアリーナ)にて開催された前期関東甲信越シニア・Gシニア競技ダンス 埼玉県大会の成績優秀者のご報告です。

 

シニアやグランドシニアは、出場者2人合わせて何歳以上などの出場制限のある競技会です。

それでは早速結果を発表していきましょう。

 

スタンダード部門

まずはスタンダード部門からの発表です。

  • シニアスタンダードB級 第三位 坂本一行・清水妙子 組
  • グランドシニアスタンダードB級 優勝 坂本一行・清水妙子 組

 

坂本・清水組はシニアスタンダードB級で第三位、グランドシニアスタンダードB級にて優勝を勝ち取りました。

シニア部門もグランドシニア部門も決勝、さらには優勝してしまうとは。

素晴らしい体力と技術力ですね。

おめでとうございます!

 

ラテンアメリカン部門

次にラテンアメリカン部門の好成績者の発表です。

  • シニアラテンアメリカンB級 優勝 坂本一行・清水妙子 組
  • グランドシニアラテンアメリカンB級 準優勝 坂本一行・清水妙子 組

 

坂本・清水組はシニアラテンアメリカンB級にて優勝、グランドシニアラテンアメリカンB級にて準優勝です。

恐るべし坂本・清水組。

スタンダードに引き続き、ラテン部門でも優勝や準優勝という文字が並ぶ、、、。

優勝という文字がゲシュタルト崩壊しそうです。

坂本組の独壇場

 

総括

今回は、坂本・清水組の独壇場という感じでしたね。

これだけ好成績ならB級じゃなくてA級でいいんじゃない?と思ってしまうほど。

次はA級昇格でしょうか?

それにしても素晴らしい成績でしたね。

 

当教室創始者の故みさ江先生(私の母になります)に、昔こう教えていただきました。

「優勝」以外は負け。

中々厳しいお言葉です。

と同時に、確かにな、と思いました。

 

今回坂本組は見事に優勝を勝ち取ってくれましたね。

おめでとうございます。

 

今後も精進して頑張ってください。

目指すはA級優勝!!

 

お疲れ様でした。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。