こんにちは。

絵にかいたような三色団子が好きな山田圭一郎です。

 

4歳になる従姉妹の息子さんが食べていたので一口もらいました。

、、、うまいっ!

素甘ってやつですね。

三色団子

 

さて今回は、2016年3月26日~27日にかけてグランドプリンスホテル新高輪(飛天)にて開催された2016年 ジャパンプレミアカップの成績優秀者のご報告です。

 

併催競技会の全日本ジュニアダンス選手権にて、ジュニアが大活躍したようです

それでは早速行ってみましょう!

 

スタンダード部門

  • 全日本ジュニアダンス選手権 スタンダード 準決勝進出 泰永圭吾・小倉里桜 組

 

泰永・小倉組が準決勝進出です。

準決勝の中でも第七位だったようです。

あと一人抜ければ決勝進出だったのが唯一悔やまれますが、非常によく頑張ってくれました!

好成績おめでとうございます!!

 

ラテンアメリカン部門

続いてラテンアメリカン部門の発表です。

  • 全日本ジュニアダンス選手権 ラテンアメリカン 第三位 泰永圭吾・小倉里桜 組

 

泰永・小倉組が決勝第三位入賞です!

全日本戦で第三位なのはとても素晴らしい成績です。

本人たちは至ってクールに「第三位でした」と言っていましたが、内心はうれしかったのではないでしょうか。

ちなみに僕は嬉しかったです(笑)

 

 

総括

ジュニアが大活躍な試合でしたね。

ジャパンプレミアカップというのは、スーパージャパンカップの代わりに開催されるような位置づけらしいです。

つまり、結構大きな競技会です。

全国各地から強豪が集まる全日本戦ですが、その中で泰永組は良く活躍してくれました。

 

皆、等しく与えられて、皆、等しく失っていく才能が有るそうです。

それは『若さ』です。

若さは誰でも平等ですが、相手の若さはうらやましいものです。

 

生徒さんからはよく聞きます。

「あと10年若ければ。」

「もっと早く始めていれば。」

確かにそうですね。

 

僕も未だに思います。

「もっと早くダンスを始めていれば。」

と。

 

まぁ、でも、言っても仕方ないことですけどね(苦笑)

問題は、今から何が出来るのか?ということでしょう。

 

今回、ジュニア戦で活躍した泰永君と小倉さんは、上手く若さを利用できていますね。

ジュニアという限られた時間の中で、最大限のパフォーマンスを発揮している彼らの未来は明るいです。

 

彼らはもうすぐジュニアではなくなります。

ですが、ここで培ったメンタルやフィジカル、そしてテクニックを、今後ユースになっても、社会人ダンサーになってもさらに磨きをかけてほしいと思います。

 

2日間に渡って行われた大会。

皆さん本当にお疲れ様でした。

そして、来年もまた頑張りましょう!!

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。