こんにちは。

タケノコ狩りに行って来て、嫌というほどタケノコを頂いて来た山田圭一郎です。

友人の実家が所有する山ですが、今年は豊作らしく、例年の3倍以上採れたとか。

初タケノコ狩りでしたが、非常に楽しかったです。

タケノコ狩り

 

さて今回は、2016年4月24日に甲府市小瀬スポーツ公園体育館にて開催された2016年 前期関東甲信越競技ダンス 山梨県大会の成績優秀者のご報告です。

パーティー準備でバタバタしていて中々ご報告できませんでした。

気を取り直して、早速結果発表に移りたいと思います。

 

スタンダード部門

  • グランドシニアスタンダードD級 第四位 関根英雄・平形祐子 組

 

グランドシニアD級にて第四位に入賞したのは関根・平形組です。

いつも研究科で黙々と練習をこなしている二人。

今回の結果は、地道な練習の賜物ですね。

おめでとうございます!

 

ラテンアメリカン部門

続いてラテンアメリカン部門の発表です。

  • スーパーシニアラテンアメリカン 第四位 関根英雄・平形祐子 組

 

スタンダードに引き続き、関根・平形組が第四位になりました。

スタンダードラテン共にあと一人抜かしていれば表彰台(実際にはありませんが)でしたね。

あと一人抜かすのって、実際はとても大変なことですが、二人なら出来そうです。

ところで、お二人とも若くてスーパーシニアっていう年齢には全く見えないんだよなぁ、、、。

 

総括

この大会、関根組の入賞で幕を閉じました。

もうひと踏ん張りで上位ランクに上がれそうですね。

山梨で行われたので当教室からの出場者は少なかったようです。

 

以前は教室に集まって、バスをチャーターして乗り合わせてみんなで競技会に向かったそうです。

帰りばバスで酒盛りでもして帰って来たそうな。

今はバラバラで競技会に向かうので、出場者も少なくなってしまったのかなぁ。

 

ある生徒さんは「小旅行がてら」と仰っていました。

ちょっとした遠出もいいものですよね。

ですが、せっかく遠出するなら、1ラウンドでも多く踊って帰ってきたいものです。

 

関根組、おめでとうございました。

惜しくも入賞を逃した方々、次回頑張りましょう!

皆さん、お疲れ様でしたー!!

 

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。