こんにちは。

たまにテレビの占いを見ると、必ず1位か最下位の山田圭一郎です。

僕は7月生まれですが、たまにテレビを見ると占いがやっていて、殆どの場合、1位か最下位になります。

今回は見事に一位でした(ニヤリ)

7月生まれは見事に1位

 

さて今回は、2016年11月13日にスクエア荏原にて開催されたNJDCダンス競技会 開設3周年記念大会の成績優秀者のご報告です。

会場名のこの漢字「荏原」。

これ、「えばら」って読みます。

 

簡単そうで読めない字です。

 

まぁ、そんなことはどうでもいいですね。

結果発表に参りましょう!

 

スタンダード部門

スタンダード部門の成績優秀者の方は残念ながらいませんでした。

 

ラテンアメリカン部門

続いてラテンアメリカン部門の発表です。

  • ラテンアメリカンD級 準決勝進出 福田進・本山久美子 組

 

ラテンD級にて福田・本山組が準決勝進出です。

嬉しい準決勝進出ですね。

今回は10位だったようですが、あと4人抜けば決勝入りです。

決勝の壁は厚いかもしれませんが、練習熱心な二人ならきっと成し遂げてくれることでしょう。

 

総括

今回は都内での競技会でした。

会場を調べるのにも、会場名や地名の「荏原」が読めなくて悪戦苦闘。

エントリーするにも、携帯に打ち込むにも、カーナビに入力するにも苦労したことでしょう。

 

普通読めるものなのでしょうか?

僕の学が無さ過ぎるのかな?

 

今回入賞した福田組は、レッスン前にはしっかり準備運動をして、二人で話し合いながら練習をしているのが印象的です。

レッスン前にしっかりと話し合いながら準備運動をして待っている、ということが、意外と多くのカップルが出来ないようです。

しっかりと身体を温め、頭を整理し、二人の意見を戦わせておくことが、円滑なレッスンに繋がります。

二人はこれが出来ているからこそ、今回の好成績につながったのかなぁと思います。

 

今年度の競技会はほとんど終わりです。

来年度の競技会に向けて、今からしっかり計画を立てて頑張っていただきたいと思います。

お疲れ様でした!

 

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。