こんにちは。

最近、コンタクトよりもメガネで過ごす確率の方が多くなった山田圭一郎です。

メガネ、楽なんですよね。

コンタクトだと、眼が酸欠になる感じがあるので。

 

さて、教室のドアにOPENとCLOSEDの看板を設置しました

OPEN&CLOSE看板

こんな感じで設置しました。

結構キュートでポップな感じですね。

 

表面は「OPEN」と書かれています。

蛍光色の黄色の板に緑の文字で「OPEN」と。

文字の表面は少し出っ張っていて、ゴムかシリコン(?)のような素材で出来ています。

裏面は表面とは逆に、緑の板に黄色の文字で「CLOSED」と書かれています。

 

レッスンが無い時間帯には教室内にスタッフが不在になってしまうことも多々あります。

これで、昼間教室内が仕方なく不在になっても、外から見たときにオープンしているのが一目でわかりますね。

極力スタジオ内にはいるようにしますが、万が一不在の場合、「覗きに来たけどやってないの?」とならないように。

 

ドアに対して少々小さい気もしますが、このくらいのサイズのほうが邪魔にならなくていいのかなぁ、とも思います。

たまにひっくり返し忘れることもあるかもしれませんがあしからず^^;

先日の立て看板といい、今回のサインプレートといい、段々喫茶店みたいになってる気がします。。。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎

玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。

JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。

パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。