こんにちは。

身体が固い山田圭一郎です。

まぁ、とにかく固いです。

ジュニアクラスでは子供たちにストレッチをさせますが、いざ自分がやるととても固い。

子供たちに「先生!かたーい(笑)」とゲラゲラ笑われる始末です。

 

身体が固い

 

さて、2017年の3月からピラティスのクラスが開講されています。

簡単なレッスン内容を知りたい方はコチラをご覧ください。

 

僕が参加するのは通算4回目です。

新しくスタッフとして矢端舞花先生をお迎えしてピラティスクラスを開いたのがきっかけで、ピラティスを始めています。

ちょっとは柔らかくなったのかな?

実感はありませんが。

 

今回は僕以外にも男性の生徒さんが参加してくれました。

女性が多いというイメージですが、ダンサーであれば男性も受けておくべきだなと思います。

 

基本練習の中に、ちょっとした柔軟も入っているのですが、男性の生徒さんと僕の身体が若干固かったです。

女性の皆さんはサラッと柔軟していましたが、我々は柔軟で四苦八苦。

足を広げて前屈するのすら大変です。

 

そもそも開脚して座れません。

座骨が垂直に立たないのです。

どうしても後ろに倒れてしまって、テディーベアみたいな座り方に。

 

男性二人は座ることもままなりませんでしたが、舞花先生は「出来る範囲でOKですよ!」と仰ってくださいました。

まともに座れないながらも少しずつ柔らかくなったらいいなぁと思います。

ローマは一日にして成らず!

柔軟も一日にして成らず!!です。

 

恒例のひめトレポールを利用したエクササイズを、今回は立ち姿勢をメインに行いました。

壁に背中をつけて、肋骨をしまうようなイメージで立つ。

これだけで汗をかきます。

美しい立ち方は中々難しいものですね。

 

その他、身体のコアを鍛えるトレーニングをしました。

ロールアップ(?)というトレーニングは、ゆったりとした動きでしたが、身体の内側、特にコアの部分に効く感じがありました。

その後のレッスンでは、身体の前面がしっかりと仕舞われ、背筋がまっすぐに伸びた感じがします。

 

名前は忘れてしまいましたが、最後にやったトレーニングは、さらに体幹に効きました。

両肘をついてお腹を地面から浮かせるだけの動きでしたが、それだけで身体中ぷるぷるしてしまいました。

深呼吸もまともに出来なかったなぁ。

 

やはり今回もキーワードは骨盤底筋群でした。

この筋肉の引き上げがどうしてもイメージ付きにくいんですよね。

引き上げようとすると、腹筋などに無駄な力が入ってしまうような感じがして。

 

その代わり、肋骨をしまう、しめる、という感触は少し理解できてきました。

ダンスでの立ち方と全く一緒だと思います。

これは今までやって来たので、多少の心得はあります。

 

ですが、先生のいうようにしっかりとは閉まっていませんね。

もっと締まる感じがします。

呼吸をする、特に息を吸うと肋骨がガバッと開いてしまう感じがあります。

 

まだまだ道半ばです。

もっとコアを締めて、骨盤の奥の筋肉を引き上げる意識を持たねば。

 

次回は明日2/17(金)13:00-13:50の「社交ダンス上達ピラティス」です。

皆さん、一緒にピラティスを始めましょう!

バランスの改善が期待されますよ!

 

ピラティスクラスの概要は以下をご覧ください。

道具は全て無料レンタルがあるので不要です。

簡単なレッスン内容を知りたい方はコチラをご覧ください。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。