こんにちは。

近所の小学校(私の出身小学校)の運動会に行って来た山田圭一郎です。

ジュニアクラスの生徒さんがたくさん出ていたので、散歩がてら行ってきました。

みんなハッスルしていましたが、子供らしくて可愛かったです。

ダンスを踊っている時は、とても大人っぽい動きをするので、そのギャップにビックリです。

中央小学校の運動会

 

さて、出張レッスンクラスであるベイシアスポーツクラブ伊勢崎店社交ダンスクラスですが、9月と10月はルンバです。

今回はチェックアクションとスパイラルターンについて勉強しました。

それぞれのポイントは理解できたでしょうか?

 

ステップとレッスン内容

  • グループ1
    • オープンヒップツイスト
    • オーバーターンドホッケースティック
    • ニューヨーク to LSP
    • ニューヨーク to RSP
    • ニューヨーク to LSP
    • スイッチターン to L
  • グループ2
    • オープンヒップツイスト
    • アレマーナ
    • ハンドトゥハンド to RSP
    • ハンドトゥハンド to LSP
    • ハンドトゥハンド to RSP
    • スイッチターン to L
  • グループ3
    • オープンベーシックムーブメントの1~3歩
    • プログレッシブウォークバック
    • ナチュラルトップ
    • アドバンスドヒップツイスト
    • ホッケースティック
  • 技術指導
    • チェック(フォワードチェックとバックワードチェック)
    • スパイラルターン(ハーフターン含む)

 

チェックアクション時の背骨の位置に関して説明しました。

ノーマルウォークと少し違うのがポイントですね。

次の動きの方向をよく把握することが大切です。

 

また、スパイラルターンの原動力となる筋肉は、どこの筋肉かをよく理解することが大事です。

全然関係ない筋力を使っていることが分かりましたね。

身体をよく把握して、スムーズなダンスを目指しましょう。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。