群馬県の社交ダンス教室 高崎玉村スマートインターから車で5分 高崎・前橋・伊勢崎で社交ダンスをするなら当スクールへ

上手なダンサーを見て学ぼう

社交ダンスはひたすら踊っていれば上達するのでしょうか?ひたすら練習していれば上達するのでしょうか?ひたすらレッスンを受けていれば上達するのでしょうか?

 

百聞は一見に如かず

百聞は一見に如かず」という言葉があります。百回聞いても、たった一回見ることには敵わないという意味です。社交ダンスの世界でも通用する言葉です。

社交ダンスの本は非常に有効です。いいこと書いてあります。しかし、本を100回読むくらいなら上手い人のダンスを一度見た方が100倍以上有効です。

さらなる上達を目指す皆さんは多くのダンスを見て、上手く踊れるためのヒントを探すことが上達への近道です。

 

反面教師もダンスに生かそう

反面教師」「人のふり見てわがふり直せ」という言葉があります。誰かの悪いところを見て、自分はそうしないように注意することです。

上手なひとの踊りを見て良いところを学んで上達に活かすというのは先ほど記載した通りです。しかし、上手くない人の踊りは上達に活かせないかというとそうでもありません。上手くないひとの踊りを見て、ただただ「上手くないなぁ」と思うのではなく、「なぜ、どうしてうまく見えないのか?」を考えながら踊りを見ることが必要なのです。そうすれば、「こうすれば良くなる」というポイントがおのずとハッキリしてくるはずです。それを自分に活かすのです。

上手な人の踊りを真似する方がよっぽど即効性はありますが、上手くないひとの踊りを分析することで考えること鍛えられるはずです。

 

なんとなく見ない

踊りを見るとそこには上達のヒントがごっそり埋まっています。ただし、そのヒントは掘り返さないと出てこないものなんです。

上手い人の踊りを見ようといわれたからなんとなく見ている。。。これでは意味がありません。常に「なぜ」「どうして」という視点で見なければ、それは見ていないのと変わりません。

「なぜ」上手いのか?それがわかれば「どうすれば」いいのかわかりますよね?「なんとなく」上手いのは自分の踊りには活かせないのです。

 

何を見たらいいの?

ここまで、上手い人、もしくはそうでない人のダンスを見ることを推奨してきました。ダンスをうまく踊るために、上手い下手に関わらず、ダンスを見ることは非常に効果があります。では、具体的には何を見たらいいのでしょうか?

 

身の周りの同レベルダンサー

一番手っ取り早いのが、身近でダンスをしている人です。社交ダンスサークルや部活動、社交ダンス教室に通っている人は周りの先輩ダンサーの人の動きを見るといいですね。練習場で練習している方は、他のカップルをしっかりとみるとよいです。上手くないなと思ったら、上手くない原因を考えて、自分はそうならない様に注意すればいいのです。上手かったらなぜかを考えて真似から入りましょう。

 

担当の先生

一番効果的なのは教えてくれている先生や先輩の動きを見ることです。その人が教えてくれた内容と、実際のその人の動きを比較して、「あぁ!そういうことを伝えたかったのか!」というのは多々あることです。もしも伝えられてわからないところがあれば、積極的に「わからないので踊って見せてください」と伝えるといいですよ。どんな先生も快くお手本を踊ってくれるはずです。

教わったことと実際の踊りをうまくリンクさせてチェックしてください。

 

DVD

DVDは非常にいい上達ツールだと思っています。できれば、レッスンDVDではなく、世界のトッププロが本気で踊っているものを選ぶとベストだと思います。

生ではほとんどお目にかかることができない世界チャンピオンクラスの選手の踊りが、時間を気にせずいつでも見れるのは非常に魅力的ですよね。私がおすすめする必須ツールです。

ちなみに私はDVDで世界チャンピオンクラスの方々の踊りを毎日見ています。「上手いなぁ」ではなく、「何か盗めるものはないか?」と見るようにしています。

私のおすすめはワールドスーパースターズというシリーズのDVDです。これは上手くなりたいダンサーなら必携です。1年に1作出ますが、過去のものも含め、手に入れられるものはすべてを手に入れるべきだと思っています。

 

インターネット

今やインターネット上には様々な社交ダンス動画が溢れ返っています。youtubeにも数えきれないほどの社交ダンスの動画がありますのでチェックしてみてください。

これらの動画は無料で見れるでしょう。お店では手に入らない映像も数多くアップされているはずです。暇があれば片っ端からみましょう。トップダンサーは例外なく様々な動画をチェックしているはずです。

しかし、無料なので画質が悪いのがマイナスポイントです。同じダンスの映像でも、小さい画面で見るのと大きなテレビで見るのとでは大違いです。小さい画面で上手い踊りを見ていると、踊りが小さく見えてしまいますので誤解の無いように注意が必要です。

 

生の競技会やデモンストレーション

小さい画面で見るよりは大きな画面で見た方がいいでしょう。しかし、大きな画面よりも生で見た方が何倍も得るものは大きいです。

スポーツが好きな方であればわかると思いますが、TVで中継されているものを見るのと、生で観戦するのとでは天と地ほどの差があるのです。生でダンスを見る機会があれば、積極的に観戦することをおすすめします。

生の踊りには大きく分けて2種類あります。デモンストレーションと競技会です。

デモンストレーションは主にダンスパーティーなどで見ることができます。自由な音楽に合わせて振付してありますので表現力や音楽性などが見どころでしょう。

競技会は本気のダンスが見れるのがポイントでしょう。勝敗が露骨につけられるので、みんな必死で上手に踊ろうとしています。本気の踊りを見たかったらぜひ競技会場に足を運びましょう。

お気軽にお問合せください。 TEL 0270-65-2361 受付時間9:00~23:00(日曜祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 玉村ダンススクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.