こんにちは。

30歳を超えてもお年玉をいただいた山田圭一郎です。

本来はお年玉をあげるオンリーな歳なはずですが、遠慮なくいただきました!

何歳になってもうれしいものですね!

 

さて、フラッと立ち寄ったコンビニで珍しいものを見つけました。

光るライトニングケーブルです。

 

ライトニングケーブルとは、iphoneやipadなどを充電&接続するときに使うケーブルです。

僕も彩子先生も雅吉先生もiphoneなので、共通して使えて便利です。

 

ケーブルが光る機能、全くの無駄だと思っています(笑)。

別に、光る必要は全くないですね。

でも何となく惹かれて買ってしまいました。

 

これ、車の中で使うことにしたのですが、こんな感じに見えています。

光るライトニングケーブル

いやー、やっぱり無駄(笑)。

強いて言うなら、暗い社内でもコードを見つけやすいってことくらいでしょう。

 

これ、ダンスに置き換えてみましょう

 

ダンスでは一般的に、無駄のないスムーズな動きが好まれます。

ですが、皆が特徴のないダンスを踊る暗いフロアの中で、一人だけ光り輝くダンサーがいれば、ついつい見入ってしまいますね。

例えばそれが非常に無駄な動きであっても。

 

矛盾する話ですが、一般的には無駄のないダンス(光らないシンプルなケーブル)が好まれます。

ですが、意味のない無駄な動き(光る派手なケーブル)であっても、無性に点数を入れたくなることもあるのです。

もちろん、光って鬱陶しい、と点数が減ることもありますが。

このバランスが難しいところですが、自分にしか出せないダンスの個性(光)を出せるようになると負け知らずになるでしょう。

 

僕もそういった光を早く見つけたいものです。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。