こんにちは。

風邪、治りかけの山田圭一郎です。

肌が隠れるのがそもそも嫌いで、靴下なら裸足を、長ズボンならハーフパンツを、長袖より半袖を好みます。

この時期、朝晩寒くなってきたのに半袖ハーフパンツだったのが、風邪を引いた原因なのは火を見るよりも明らかです。

「だったら気を付けろよ!」

仰る通りで。

 

さて、今日は久々のワンポイントアドバイスを。

当然みなさんわかっていることだとは思いますが、意外と実行するのは難しいことです。

それは、「好きこそ物の上手なれ」です。

 

好きこそ物の上手なれ

好きこそ物の上手なれとは、好きでやっていることは一生懸命になるし、努力を惜しまないので自然に上達するということです。

逆に、好きではないのに無理矢理やろうとしても、中々上達しないものなんです。

 

社交ダンスに置き換えてみましょう。

この記事を読んでくれている方は、少なからず社交ダンス経験者か、興味がある方だと思います。

皆さんが社交ダンスを始めた当初は、「ダンスが好き!「興味があるからやってみたい!」から始まったはずです。

ところが、時間が経つにつれて、「競技会でもっと勝ちたい!」「人よりうまく踊りたい!」と考え方が変わってくると思います。

これは至極当然のことだとは思うのですが、そんな方々にダンスが好きかと尋ねると、意外や意外、「分からない」という答えが多いんです。

勝つことや、上手に踊ることに焦点がずれてしまい、本来楽しいはずのダンスが楽しくなくなってしまうのです。

これは、特に競技選手に多く見られる現象です。

 

皆さんには、改めて好きこそ物の上手なれを思い出して、初心に帰ってほしいのです。

ダンスが楽しい、その気持ちこそが上達のための秘訣だと思いますよ。

 

ダンスは心をそっくりそのまま映し出します。

チャンピオンには自信が満ち溢れ、下の選手はオドオド感が出ます。

考えていれば目が泳ぐし、考えてなければ目が死にます。

相手に対して怒っていたり、嫌悪感を抱いたまま踊れば、おのずと踊りに出るものなんです。

それは素人のダンサーには、隠そうと思っても(隠せているつもりでも)隠せないものなんです。

もちろんプロはうまく隠しますが、それよりも上のプロや審査員には見抜かれてしまいます。

 

このキリン達を見てください。

とても楽しそうでしょ?

キリンのダンス

 

踊りをよくするためにも、もう一度初心に帰り、ダンスを楽しむことから初めてください

ダンスは楽しいものですよ。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。