こんにちは。

初めて地元の道の駅に立ち寄った山田圭一郎です。

ちょっと時間が空いたし、彩子先生も不在なので、友人と食事をしました。

その帰りに、高崎玉村スマートインターの隣に出来た道の駅「玉村宿」に立ち寄りました。

 

地元の特産などがたくさんあって僕はとても楽しかったのですが、世間での評判はさほどでもない様子。

地域活性化のために、ぜひご利用を。

あ、中にトマトラーメンも売ってましたよ。

後日食べようと思います。

道の駅 玉村宿

 

さて、2017年の3月からピラティスのクラスが開講されています。

簡単なレッスン内容を知りたい方はコチラをご覧ください。

 

新しくスタッフとして矢端舞花先生をお迎えしてピラティスクラスを開いたのがきっかけで、ピラティスを始めています。

僕が参加するのは通算6回目です。

 

 

今回は舞花先生も気合いが入っており、レッスンのペースが速かったなぁと感じました。

もちろん一つ一つはしっかり丁寧でした。

ちょっとレベルの高い動きも多かったような。

新しいポーズ(?)も結構ありました。

 

全部のレッスンを通して共通していたのは、肋骨を締めながら行う点に注意なところだと感じました。

腰を上げるポーズだったり、足を上げるポーズをしたり、ただの立ち姿勢だったり。

色んなポーズはありますが、全て肋骨を締めながら行いなさいというご注意を頂きました。

 

先生曰く、世間にはピラティスもどきなものがたくさん溢れているそうです。

テレビや雑誌で紹介されているものや、芸能人の方が「ピラティスにハマっていて~」みたいなものは結構もどきが多いようです。

あんな態勢や速度でやったら体を逆におかしくしてしまう!と言っていました。

 

本物のピラティスを教えてくださる先生に習うべきだそうです。

もちろん、舞花先生は本物ですよ!

 

僕は、ピラティス経験は全くありませんでしたが、レッスン指導経験は長いです。

ピラティスの良し悪しは分かりませんが、指導の良し悪しは分かります。

舞花先生の指導はとても上手です。

 

ストンと入ってくる感じ。

感覚論なので伝わらないかもしれませんが。

習うのが楽しくなってきますね。

 

引き続きレポートしていきたいと思います。

 

 

 

ピラティスクラスの概要は以下をご覧ください。

道具は全て無料レンタルがあるので不要です。

簡単なレッスン内容を知りたい方はコチラをご覧ください。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。