こんにちは。

競技会で勝った時にいただけるメダルがうれしい山田圭一郎です。

先日、プロA級戦で3位入賞した時のメダルを飾りました。

我が家では石膏像に飾っていますが、重すぎてバランスが不安になってきました。

嬉しい悲鳴です。

石膏像にメダルを掛けて保存

 

さて、社交ダンスがメディアに取り上げられたときはすごい反響だったと、当時を知る多くの先生がおっしゃっています。

その最たるものが「ウリナリ社交ダンス部」でしょう。

ウッチャンナンチャンが社交ダンスの広報担当だったような印象です。

 

彼らがいなければ、今の社交ダンスはこんなに発展していなかったかもしれません。

そして、彼らがいなければ、今の社交ダンスはこんなに身近ではなかったかもしれませんね。

 

かく言う僕も、ウリナリ社交ダンス部の活躍をみて、社交ダンスって面白そう!と思いました。

当時僕は中学三年生で、高校受験の真っ只中だったと思います。

受験勉強の合間にテレビをつけると、この番組がやっていて楽しそうに社交ダンスを踊っていました。

「楽しそうだな!」という気持ちと、「人が大変な時に!」という妬みがありました。

 

 

当時の競技会の様子です。

衣装はとても奇抜ですが、これぞダンスを楽しむスタイル!という感じ。

ダンスはもともとこうでなければいけませんね。

 

社交ダンス屋さんに生まれた僕ですが、当時、社交ダンスはそんなに魅力的ではありませんでした。

親がやっているから仕方なく、、、という印象です。

そんな僕が、今では社交ダンスの先生をしているのが、なんとも皮肉です。

蛙の子は蛙ということでしょう。

 

僕は、社交ダンスが嫌いでした。

ですが、社交ダンスが好きだという子供たちが、ジュニアクラスには多く通っています。

 

好きこそ物の上手なれです。

嫌いだった僕がここまで来れたのです。

好きな彼らは、もっと高みを目指せるでしょう。

彼らの将来に期待です。

 

という訳で、今日は小さい話題でした。

それではまた。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。