こんにちは。

季節の変わり目には、必ずと言っていいほど風邪をひく山田圭一郎です。

ちょうどこの時期、季節の変わり目ですね。

当然のことながら、風邪をひきましたm(_ _)m

 

風邪ひいてだるい

今回の風の諸症状は微熱のみです。

微熱が一番つらいといいますが、確かにそうかもと毎回思います。

今回もちょっぴり熱がありますが、身体はものすごく重い感じがします。

 

手持ちの風邪薬を飲んで熱を抑えると、だいぶ楽になります。

もちろん虚弱体質の僕は、常に胃腸薬と風邪薬は財布に仕込んでありますので。

今回も、「まさか!熱っ!?」と思った次の瞬間には服用していました。

 

いつも愛飲しているルルが無かったので、とりあえず手元にあったパブロンで様子見です。

、、、何種類も常備しています。

パブロン

 

 

風邪をひくと成績がいい?

風邪をひくと、必ず思い出すのは、風邪をひいたときほどダンスの成績はいいという経験です。

風邪に限っていませんが、「今日は調子が悪いなぁ。」という日のほうが成績が良く、「今日はばっちり踊れたぞ!」という日ほど成績が悪いのです。

もちろん何の根拠もなく、ただの経験則ですが。

 

おそらく、調子が良くない時こそ何とか足掻こうとして努力するのかもしれませんね。

また、体調がよくないと、無駄な力が入らないからかもしれません。

まぁ、理由はいろいろと考えられますが、体調が悪いからと言って、踊りが悪いとは限らないということです。

 

それにしても微熱はしんどい。

暖かくして早く寝ることにしますZZZzzz…

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎

玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。

JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。

パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。