こんにちは。

試供品をたくさんもらった山田圭一郎です。

結構営業のお電話がかかってきますが、たまに試供品を送りました!っていう電話がかかってきます。

無料ということで遠慮なくいただいております(ラッキー)。

 

今回は初めてのピラティスレポート001になります。

その他の体験レポートはコチラをご覧ください。

 

さて、今月から2つのピラティスクラスが開講しております。

金曜13時からの「社交ダンス上達ピラティス」、

そして、月曜13時からの「10歳若返るピラティス」です。

 

今回は月曜に開講された「10歳若返るピラティス」クラスのレポートです。

 

0歳児を連れたママさんも参加されました。

ちなみにピラティスは、産後のお母さんにとって非常に重要な骨盤底筋群を鍛えるのにベストだそうです。

産後高齢などで尿漏れなどにお悩みの女性の方にぜひお薦めしたいクラスですね。

 

ピラティスクラスの詳細はコチラ

お問い合わせは「お問い合わせフォーム」からお気軽にお寄せ下さい。

 

レッスン内容の一部をご紹介

ピラティスって何?って方も結構多いと思います。

なので今回はレッスン内容の一部をご紹介します。

ホントにごく一部だけですけどね!

 

ピラティスボールを使ったエクササイズ

結構衝撃的だったのは、ゆるゆるに空気の入ったゴムボール、通称ピラティスボールを利用したエクササイズです。

空気の入り具合がホントにゆるゆるで「え?これ、空気入れる気あるの??」と思ってしまうようなダルンダルンのボールです。

僕も空気を入れようとしましたが、どうやら絶妙の空気圧があるようで、舞花先生でなければ加減が分かりませんでした。

 

そんなピラティスボールに乗り、体のバランスを整えます。

人によってバランスを取るために使う場所が異なるようで、それを知ることから始めるようです。

ちなみに僕は太ももの後ろ側に力が入っていたようです。

 

鍛える、というよりも、身体に敏感になる、という感じが大切なのかもしれません。

社交ダンスでは、女性の方には特に「女性は男性のリードを感じるために超敏感であれ!」と話しています。

無駄な力が入っていることに気付かない方が多いですが、そんな方にも身体のどこに力が入っているのか感じるのに適切かもしれませんね。

 

その後、ボールを支えに骨盤の正しい位置で座ることを学びました。

骨盤を垂直に立てて座ることが大切なようです。

社交ダンスにおいても、骨盤の正しい位置や角度、そして垂直具合が分からないと、無理にのけぞったりお尻が抜けたりしがちです。

そんな方にとっては骨盤の角度などを理解しやすいのかな、と思いました。

 

ボールとマット、そしてお子さんも参加です

ボールエクササイズの様子です。

今回は子連れのママさんも参加してくれました。

お子さんも一緒に遠慮なく是非どうぞ。

小さいお子さんがいても、参加OKですのでお気軽に。

 

ストレッチと足の運動

骨盤調節が一区切りついたら、ストレッチに入りました。

ストレッチと言っても、当初僕が想像していたストレッチとは異なるものでした。

唯一想予想通りだったのは、開脚してのストレッチくらいなものでした。

色んな種類の変わったストレッチをしてくれました。

 

かなり驚いたのは、足の指のストレッチがかなり多かった点です。

足の指を開いたり、親指とそれ以外の指をそれぞれ別の方向に動かしたりしました。

床に母指球(社交ダンスではボールと呼ばれています)を床にしっかりプレスする運動も行いました。

ボールを使えるようにするにはいい運動だなという感じです。

 

僕の場合、左足はそこそこきれいに開く(パーの状態)が出来ますが、右足が思いのほか開きませんでした。

中指と薬指あたりが自由に動いてくれない感じです。

ちなみに先生は非常にきれいに開いていましたし、それぞれの足指が自在に動いていました。

さすがプロフェッショナル!!

 

ダンサーの皆さんは、ワルツのナチュラルターンなどを踊るときにしっかりライズしますよね?

ライズは一般的にバランスが崩れやすいです。

そこでしっかり立てるかどうかは、足の指をしっかり使えるかにかかっていると言っても過言ではありません。

足指を自由に力強く動かすことが出来れば、ライズの時のフットプレッシャーも強くなり、安定して高い位置にいることが出来るでしょう。

また、これらの運動が自在に出来ることで、ラテンを踊るときに足先まできれいに伸ばせる感じがします。

 

ひめトレポールを利用したエクササイズ

舞花先生がオススメするツールが、今回のひめトレポールです。

これ、僕の大好きなインターネットショッピング「Amazon」にも売っていませんでした

ちなみにインターネットショッピングモール最大手の楽天市場にも売っていませんでした

 

どこにも売ってないけど、じゃあどこで手に入るのよ???!!

、、、うちの教室で手に入りますよ(笑)

ちなみに教室では1本3,000円で売っていますのでスタッフもしくは舞花先生まで声を掛けてください。

ひめトレポールを販売中!

 

でも使い方が分からなかったら宝の持ち腐れです。

このクラスではひめトレポールの適切な使い方を教えてくれます

なお、世間で蔓延している使い方の情報の中には「それ、やらない方がいいんじゃないかな。」というような不適切なものも混ざっているそうです。

 

素人の僕にはどれが適切で、どれが不適切なのかはサッパリ分かりません。

舞花先生はプロですから、そのあたりの判別はお手の物のようです。

僕なんて、そもそも使い方すら調べようとしませんが(汗)

 

教室ではレッスン時に無料貸し出ししています。

用意する手間が省けていいですね。

ですが、股に挟んで使用するものなので、気になる方は購入してマイひめとれポールをご持参いただくとよいかと思います。

 

さて、ひめトレポールにのって骨盤の位置調整をさらにしっかり行いました。

確かに骨盤の垂直な位置がしっかりと理解しやすいです。

僕は後ろに倒れがちでしたが、背筋を伸ばし、お腹を引き締めることで垂直を作り出せました。

皆さんも踊っている時にしっかりと引き上げないと、真っ直ぐな姿勢になれないのでご注意を。

 

そして、ひめトレポールにはもう一つ大事な使い方があるそうです。

骨盤底筋群を意識して引き上げるというもの。

この骨盤底筋群というのが今後非常に大切になってくるキーワードになりそうです。

 

最初、僕には骨盤底筋群を意識するのが難しかったです。

ですが、舞花先生がイラストも使って分かりやすく解説してくれたので非常に分かりやすかったです。

ひめトレポールの使い方を力説

いくつものイラストで丁寧に解説してくれるので、初心者にもわかりやすいです。

ただ先生の真似をするだけだと限界がありますし、間違った身体の使い方をしてしまいます。

そのまま癖になったのでは元も子もなくなります。

 

その点、舞花先生のレッスンは一つ一つ丁寧に説明してくださり、しかもイメージが分かりやすいように例えて教えてくれるので、非常に理解しやすかったです。

時にはホワイトボードを利用してレッスンします

ちなみに、舞花先生もひめトレポールに座った状態です。

外見では全く変わりませんね。

 

他人が見ると全く分からないエクササイズですし、上に乗って座るだけでもエクササイズになります。

彩子先生は、自宅の椅子の上で利用しています。

ひめトレポールに座ってご飯食べてますよ(笑)

 

このひめトレポールはズームインサンデーや雑誌anan等でも紹介されて、「カラダに良いものグランプリ」を受賞された商品だそうです。

 

僕が個人的に「これはいい!!」と思ったのが、ひめトレポールを利用した立ち姿勢の矯正です。

特にラテンをするときにお尻を締めたり意識したりする感覚を得るのにもってこいでした。

ひめトレポールを股に挟んだままルンバウォークしたりすると効果てきめんですね。

スタンダードを踊っているときに不必要に反ったりしてしまうクセがある方にも良いでしょう。

ひめトレポールで立ち姿勢矯正

 

特別レッスン!ストレッチポールを利用したエクササイズ

そしてこの日はストレッチポールを利用したエクササイズを特別にしてくれました。

産後のお母さんにベストなエクササイズだそうです。

ポールのベーシックセブンという7種類のストレッチを行いました。

ストレッチポールを使った特別レッスン

ストレッチポールの上で仰向けになり身体を脱力させながら、いろんな箇所をストレッチさせていきます。

このポール、乗っているだけで効果があってかなり良いです!

 

このストレッチをする前に、身体の可動域を確認しました。

首がどの位曲がるのか、身体がどれくらい動くのか、つっぱって動かない場所をチェックするなど、自分の身体をセルフチェックします。

そして、ストレッチ後に再度チェックするのですが、、、、。

 

ぜ  ん  ぜ  ん  ち  が  う  !  !  !

 

可動範囲がそもそも違います。

たった5分やそこらのストレッチでしたが、こんなに身体が軽くなるものか。

首がよく回るようになりました。

肩回りや肩甲骨回りも筋肉のコリが楽になった感じです。

 

とまぁ、今回は特別にストレッチポールを利用したエクササイズを行ってくださいましたが、本数が足りません。

本来は舞花先生の個人レッスンのみで受けられる特別メニューでした。

たしかにこれは特別だなぁ、と実感。

 

さて、ここからが本番!ピラティスの始まりです

一通りエクササイズが終わった後、先生が一言。

 

「さて、これで準備運動が終わりました。ここからが本当のピラティスです。」

 

・・・・・ぇぇぇぇぇぇぇぇええええええええっ!!?!!?!!?

今までのは準備運動なの!?

これだけでもう充分なのに。

ピラティス恐るべし。

 

呼吸法だけでも一年かかる

先生曰く「正しい呼吸が出来るようになるだけでも1年はかかります。

だそうです。

一見簡単そうな動きでも、本当はとても重要なんだということでしょうね。

 

社交ダンスにおけるホールドやルンバウォークがこれにあたるでしょうか。

たかがルンバで1歩ウォークするだけでも、我々は心血を注ぎます。

たかがウォーク、されどウォーク。

 

ピラティスに入る準備までもがとても重要なんだそうです。

んー、奥が深いですね。

 

ここから先はまたのお楽しみに

やっと準備運動も終わって、これから本番のピラティス!

ですが、本日はひとまずこの辺で。

 

ピラティスは少しお高い印象がありますし、社交ダンスに比べて地味かもしれません。

ですが一度やってみると、自分の身体の内側と向き合うことが出来るので、きっと皆さんの役に立ってくれるでしょう。

僕と彩子先生も、社交ダンス上達のためそして健康と若さのため、是非毎回参加したいと思っています。

皆さんも是非一度いらしてください。

 

今なら初回に限り無料体験レッスンを実施中(既に会員の方でもOK!)

先生の計らいで、ピラティスクラス初回の方に限り、1度だけ無料体験レッスンをしてくれることになりました

すでにいずれかの団体レッスンに参加されている会員の方でもOKです。

もちろん当スクールに通うのも初めてという外部の方でもOKです。

 

お友達をお誘いあわせの上、ぜひ一度体験レッスンを受けに来てください。

きっと身体が美しく変わることでしょう。

 

ピラティスクラスの詳細はコチラ

お問い合わせは「お問い合わせフォーム」からお気軽にお寄せ下さい。

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。