もっと上達するためには

社交ダンスをさらに上達させるためには、
いくつかのポイントを押さえることが必要です。

  • HOME
  • もっと上達するためには

社交ダンスを始める準備は整いましたか?ここでは社交ダンスライフをもっと充実させるためのポイントをご紹介します。

初心者のうちにしっかり習おう

「鉄は熱いうちに叩け」という言葉をご存知でしょうか?「社交ダンスも初心者のうちに習え」です。社交ダンスのプロである筆者の選手としての立場と先生としての立場から、初心者のうちにきちんと習っておく必要性をご紹介します。

白い紙に絵をかくのは簡単

先生の立場から申し上げると、社交ダンスを全くやったことのないズブの素人のほうが、なまじダンスを踊ったことのある人よりも教えやすいのです。それは、先入観がないからに他ならないのです。

社交ダンスを全くやったことのない人と、小さな子供は、先入観がなく頭が柔軟です。なので、先生の教えに対して素直に従います。そのため、すんなりと上達していくのです。

ところが、多少ダンスを習ったことのある人はそうはいきません。今まで習ったことと照らし合わせてしまうので、すんなりと受け入れられないのです。さらに、初めて習った先生が、あまり教えるのがうまくない人の場合、話は複雑になります。最初のうちはよい先生とよくない先生の区別もつかないでしょう。なので、正しい判断ができないのです。

また、今までの動きが体に染みついてしまっている場合、癖を直すという作業が必要になり、よけいな時間がかかります。そのため、全くの素人を教えるよりも時間も労力もお金もかかるわけです。

これらは、絵を描く時と全く一緒です。何も書かれていない真っ白な紙に絵を描くのは非常に簡単です。しかし、すでに絵が描かれている紙は、まず絵を消すところから始めなければなりません。しかも、どんなにきれいに消しても、跡が残ってしまう場合がほとんどです。さらに、頑張っても消せない場合、さらにしっかりと絵の上塗りをしなければなりませんね。これでは非常に大変なのです。

手遅れになる前に一度きちんとしたレッスンを受けましょう

こういったことを避けるために、早い段階で一度、きちんとしたプロの先生に個人レッスンを習ってみることをおすすめします。値段は高いですが、それなりの情報を得られるはずです。

大抵のダンス教室は体験レッスンを実施しています。一度だけのレッスンを受けられるはずです。

先生の良し悪しの判断は、大抵はレッスン料に比例します。相場は地域によって異なると思いますが、30分4,000円の先生を目安に体験レッスンを受講してみるとよいでしょう。よい先生に出会えた場合、一度のレッスンで、目からうろこの情報をたくさん得られるはずですよ。もしもピンとこなかったら、自分に合った先生ではなかったのだと思いましょう。

安物買いの銭失いにならないように注意しましょう。

正しい知識を身につけよう

長年社交ダンスの先生をしていると、いろんな生徒さんに出会います。中には変な癖をもって私のところに習いに来る方もいます。くわしく聞くと「あの先生にこう言われた。」「あの人はこうやっている。」などという方がいます。変な癖がつかないようにするためにはどうすればいいでしょうか?

正しい知識は存在しない?

社交ダンスを含めたダンス全般に言えることですが、スポーツの要素と芸術の要素が含まれています。陸上競技のようにより速く、より高くであればスポーツの要素のみです。一方、絵画や彫刻のようなものは芸術の要素のみです。ダンスはその両方の側面を踏まえた、スポーツ+芸術の世界なのです。

特に社交ダンスに限っては、身体的に難しい動きは少なく誰にでも踊れてしまう反面、芸術の要素が強く反映されます。運動力学のように正しい体の使い方も大事ではありますが、それが評価されるのではなく、美しく人々を魅了するものが評価されます。難しい言い方をしましたが、ざっくり言うと「格好良ければ何でも良い」ということになります。

社交ダンスには正しいというものは存在しません。強いて言うならば、世間的にカッコいいと評価されているものが比較的正しいものということになります。それは時代とともに変化します。具体的には、その時の世界チャンピオンが正しい踊りに一番近いのです。

信頼できる先生を見つけよう

初心者のうちに、上手くない先生に習うと、にわか知識を身に着けることになります。もちろんそれでも悪くはありませんが、少し上達の遠回りになるだけです。格好悪い先生に習うくらいなら、カッコいい先生に習いましょう。かっこよく踊る先生であれば、たいてい正しい(と評価される)知識を得ていることでしょう。

いい先生との出会いは一期一会です。出会いを大切にすることをおすすめします。

結局何を信じればいいのか

良い先生に出会えて、正しい(であろう)知識を教えてもらっていても「ん?それ本当?」とか、「そう踊りたくはないんだけど。。。」と思うことも出てくるでしょう。そういった場面に遭遇したら、自分を信じて行動してください。先生には「わかりました」と伝えていうことを聞かなければいいわけです。自分の信じたものが評価されなければ自己責任、評価されれば個性になります。結局踊るのはあなたです。自分らしい踊りを踊るようにしましょう。

カップルを組もう

社交ダンスは一人でも踊る方法はあります。しかし、決まった相手と練習できる方が上達しやすいですね。それに、決まった相手と踊ることによって、様々なメリットがあるのです。

社交ダンスは2人で踊るもの

改めていうほどのことではありませんが、社交ダンスは2人で踊るものです。相手がいなくては踊れないのです。ですが、相手がいなくても踊れる工夫はいろんなところでされています。

相手がいなくても実はどうにでもなるのですが、毎回踊る相手が変わると、相手が変わるたびに踊り方を変えなければなりません。それが楽しいという一面ももちろんあるのですが、同じ相手と繰り返し練習するのに比べると、美しさにかけるのです。

上手に踊るために、決まったパートナーがいるといいのです。

パートナーを組むメリット

パートナーを組むと様々なメリットがあります。その一部をご紹介します。

競技会に出れる

カップルを組まないとどうしてもできないのが、競技会に出るということです。競技会は他の選手と明確に甲乙がつけられてしまいます。ほかの人には負けたくないという闘争心が否応なしに湧いてくるでしょう。それが楽しいところです。

相手がいないという人には、先生とカップルを組んで出場するプロアマ選手権というのも存在します。自分の尊敬する先生と一緒に競技会に出れるなんて夢のようではありませんか?

パーティーでたくさん踊れる

ダンスパーティーやダンスを踊れるお店に行くと、誰かが声をかけてくれたり、こちらから声をかけて踊ることになるでしょう。しかし、見知らぬ人とおどるの慣れるまでは抵抗感があるでしょう。しかも、男女どちらかが偏った人数の場合、余ってしまって踊れないということも出てくるかもしれません。そんな時パートナーと一緒だと、気兼ねなく踊れたり、余ってしまうということもなくなりますよね。自然とたくさん踊れるようになるわけです。

共通の目標が持てる

社交ダンスにはいろいろな目的があります。カップルを組んでいると、二人で共通の目標に向かって頑張れるという目標ができます。目標の種類にはさまざまな種類があります。様々なステップを踊れるようになるのもいいでしょうし、競技会に出るのもいいでしょう。パーティーでデモンストレーションを踊るのも一つの目標ですし、気楽に上達を目指すのもいいでしょう。いずれにせよ、何か二人で共通した目標に向かって、二人三脚で頑張っていけるのは非常に楽しみであり、有意義であるのです。

身近な人と踊れば共通の趣味になる

夫婦や彼氏彼女、もしくは仲の良い友人同士でカップルを組めば共通の趣味になります。身近な人と社交ダンスができれば非常に面白い共通の趣味となるでしょう。

どうやって相手を探すの?

さて、ではどのようにして相手を探すのでしょうか?

一番簡単なのは身近な人を誘うことでしょう。夫婦や友人、先輩後輩、彼氏彼女など、気心の知れている身近な人を誘ってみましょう。

サークルに通っている場合、サークルの仲間とカップルを組むこともできるでしょう。すでに同じ共通の趣味を持っていることになるので、上達も早いでしょう。

通っているダンス教室の生徒同士でカップルを組むのもおすすめです。先生が仲介してくれるので、話はスムーズに運ぶでしょう。

同じ教室内でなくても、先生同士のネットワークで他の教室の生徒さんともカップルを組むことができます。

インターネット上にはいくつものパートナー募集掲示板が存在します。パートナーを募集している人を探したり、自分が募集をかけたりしてピッタリな相手を探しましょう。

ほかにもダンスをしている友人に相談して、クチコミで探すのもよいでしょう。

相手の探し方は様々です。最適なパートナーを探して、有意義なダンスライフを送りましょう。

練習しに行こう

上達を目指しているのならば「せっかく社交ダンスを習ったんだし、教わったことを練習したいなぁ」と思うのは当然です。でも練習するには(一部の大富豪を除き)家じゃ狭すぎますよね?そのために、社交ダンス専用の練習場というものが存在します。

上達するための3ステップ

社交ダンスに限らずすべてのダンスに言えることだと思いますが、上達するためには3つの段階をクリアしなければならないのです。その3ステップとは以下のとおりです。

  1. 自分の間違いに気づく
  2. 考えて解決できる
  3. 考えずにできるようにする

上記の3段階を経て、初めて「うまく踊れるようになった」というべきでしょう。ではそれぞれのステップについて詳しく説明していきましょう。

1.自分の間違いに気づく

まず、どこがおかしいか気づかないと直すことができません。自分の踊りの何がどう間違っているか知ることが大前提です。

ただし、それだけでは実は足りないのです。たとえば、先生にあなたの踊りのどこがどのように間違えているか指摘されたとします。その時「へー。」では直らないのです。「あぁ、確かに!」でないと。

「へー、そうなんだ。」と思った場合、直ったとしてもすぐに再発してしまいます。つまり同じ過ちを繰り返してしまうのです。これは、自覚がないからです。いくら間違いを指摘されても、自覚がないと正確にダメなポイントを把握できないのです。

先生の指摘に対して「あぁ、確かにその通りだな。」と自覚できれば、直すことは造作もないことです。

2.考えて解決できる

自分の間違いを自覚できたら、次の段階です。そのダメだったポイントを解決しましょう。どのようにダメだったかが明確であれば、同時にどのように直すかも明確になっているはずです。頭で考えてそのポイントに集中しながらしっかりと直して踊りましょう。最初のうちは急には直らないかもしれませんが、今の踊りはどのように良かったのか、どのように悪かったのかをしっかりと自覚、分析しながら踊りましょう。

ほとんどの人は、多くの場合ここまではしっかりとやります。レッスンでもここまではしっかりとやるはずです。しかし問題はこれからなのです。

3.考えずにできるようにする

人間の脳は、同時に複数のことを行うことはできますが、同時に複数のことを考えることは出来ません。右手で丸を書きながら、左手で三角は書けないのです。

「歩きながらケータイ見れるじゃん!」「階段をのぼりながら本読めるよ!」と思った方、残念でした。それは歩くこと、もしくは階段をのぼることを考えずにできているからなのです。

たとえば、複数のことを同時に考える場合、一方を考えているともう一方はないがしろになっているはずです。つまり、同時に複数を考えながら行うことはできないのです。

ここでダンスについて考えてみましょう。2ステップめの考えて解決できるようになったとします。しかし、複数同時に考えると、片方がもとに戻ってしまうのです。そこで、体に覚えこませる必要が出てくるのです。

やり方には根気と集中力が必要です。何度も何度も集中しながら考えて修正することを繰り返すのです。すると、気づかないうちに体に染みついているのです。これは焦ってはいけません。繰り返しの地道な練習が必要なのです。

上手な人は体に染みついている

結局、上手か下手かは、どれだけのことが体に染みついているかによるのです。

ただし、時間の限られたレッスンの中で体が覚えるまで繰り返しこなすのはなかなか大変です。そこで、2ステップめまでを宿題として持ち帰り、練習場で3ステップを達成するのが効率の良い上達方法なのです。

先生に同じことを繰り返し注意される人は、2ステップめまでしかこなせてないからですよ。練習場で体にしみこむほど練習をしましょう。

練習場の利用方法と注意点

社交ダンスの練習場は全国各地に存在します。多くの場合、入場料を支払えば、限られた時間もしくは営業終了までずっと自由に練習し放題です。営業終了までという練習場のほうが多いです。

多くの人が利用する練習場です。きちんとマナーを守って利用していただきたいと思います。いくつか代表的なマナーを紹介します。

現在かかっている種目以外を練習する方は踊っている方の邪魔にならないように端で練習しましょう。特に、スタンダード種目がかかっているときにラテン種目を真ん中で練習したり、その逆をしたりするのは非常に迷惑なのでやめましょう。

場所によってはレッスン行為を禁止している練習場もあります。他の人を指導してよいかどうかは、各練習場にお問い合わせください。

マナー違反で一番多く見受けられるのが大声で喧嘩をしているカップルです。まさかと思うかもしれませんが、必死で練習しているとエキサイトしてくる人が結構いるのです。喧嘩をするなとは言いません。喧嘩や言い合いは、周りの迷惑にならないように気を付けましょう。

女性のシューズのヒールカバーは必ず着用するようにしてください。床を傷つける原因となります。

椅子を占拠するのはやめましょう。多くの練習場では、休憩のための椅子が用意されています。しかし、荷物を置くなどして占拠してしまう方が多く見受けられます。みんなが気持ちよく使えるように、荷物は椅子の下に置くなど、節度ある使い方を心がけましょう。

その他、みんなが気持ちよく利用できるように大人の対応を心がけてください。その他のルールは、各練習場にしたがってください。

大会に出よう

社交ダンスには大会というものがあります。どうやったら大会に出られるのでしょか?大会に出るメリットは?そして、相手がいなければ大会に出られないのでしょうか?

競技会に出るための最低限の条件

競技会に出場するためには、カップルを組んでいるということが最低限の条件になります。どんなにうまくても、どんなに大会に出たくても、カップルを組んでいないと大会に出場できません。まずはパートナーを探すところから始めましょう。

自信がなくて出られない?

大会に出られる最低条件であるパートナーがいて、カップルを組んでいたとしても出場しないカップルもいます。

理由は様々です。面倒だから、別に興味ないから、などなど。しかし、中にはこんな人もいます。「自信がないから出ません。自信がついたら出ます。」この発想は論外です。じゃあ、いつ自信がつくんですか?ってことです。問題は、出れるか出れないかではなく、出たいか出たくないかです。興味ないならまだしも、少しでも興味があって出ないという選択をしているのなら、迷わず出てみるべきです。負けたっていいじゃない。ダサくたっていいじゃない。出てみて初めて分かることが山ほどあるんですよ。

出たいなら出ましょう。出れるなら出ましょう。負けるのが嫌だろうが、自信がなかろうが、出れるなら出ましょう。そうすれば見違えるようにダンスは上達していきますよ。

上手いから出るのではなく出てから上手くなれ

先ほども申しましたが、上手くなるまで出ない、自信がつくまで出ないという発想は、あまり好ましくありません。出てから考えましょう。

試合でしか学べないもの

試合とは、社交ダンスの実践の一つです。実践でしか学べないことはたくさんあるのです。そのうちの最たるものはなんといっても「経験」でしょう。経験は練習では補えません。

試合ではいろいろなトラブルに見舞われるでしょう。練習とは違い、一度しかない、失敗できないというプレッシャーに押しつぶされそうになるかもしれません。練習とは違い、大勢の選手とともに戦うことになるでしょう。練習とは違い、周りで観客が見ています。練習とは違い他人と比べられ、甲乙つけられます。

所属団体のあれこれ

日本の社交ダンスは、いくつかの団体に分類されます。それぞれ、独立した競技会形式をとっていますので、代表的なものをご紹介しましょう。

JBDC・・・日本の社交ダンス界では最大の団体。最大規模なので、競技選手の層が厚いので、勝ち上がることは難しい。

JDC・・・規模としては2番目に大きい団体。それなりに大きな大会。

JCF・・・規模は小さい代わりに、レベルもそれ相応なので、勝ち上がりやすく、中高年に人気。

JPBDA・・・詳細不明。追って調査します。

級がある

選手にはランクがつけられます。初めて出る方はノービス級という級からスタートします。要するに新人ってことです。そこから上位の級、D,C,B,Aになるにつれて選手の層が厚くなるのです。

皆さんはA級の優勝を目指して頑張ってください。

プロアマという選択肢

相手がいないと競技会には出場できません。それでも出場したいというのであれば、先生と競技会に挑むことができます。プロアマダンス選手権といい、担当の先生と競技会に出て他の選手と競い合うということになります。

デモに出よう

社交ダンスが上達していくにつれて、「上達した成果を発揮したい」と思う方も出てくると思います。上達した成果を発揮する方法の一つにデモンストレーション、通称デモと呼ばれているものがあります。

上手なダンサーを見て学ぼう

社交ダンスはひたすら踊っていれば上達するのでしょうか?ひたすら練習していれば上達するのでしょうか?ひたすらレッスンを受けていれば上達するのでしょうか?

百聞は一見に如かず

百聞は一見に如かず」という言葉があります。百回聞いても、たった一回見ることには敵わないという意味です。社交ダンスの世界でも通用する言葉です。

社交ダンスの本は非常に有効です。いいこと書いてあります。しかし、本を100回読むくらいなら上手い人のダンスを一度見た方が100倍以上有効です。

さらなる上達を目指す皆さんは多くのダンスを見て、上手く踊れるためのヒントを探すことが上達への近道です。

反面教師もダンスに生かそう

反面教師」「人のふり見てわがふり直せ」という言葉があります。誰かの悪いところを見て、自分はそうしないように注意することです。

上手なひとの踊りを見て良いところを学んで上達に活かすというのは先ほど記載した通りです。しかし、上手くない人の踊りは上達に活かせないかというとそうでもありません。上手くないひとの踊りを見て、ただただ「上手くないなぁ」と思うのではなく、「なぜ、どうしてうまく見えないのか?」を考えながら踊りを見ることが必要なのです。そうすれば、「こうすれば良くなる」というポイントがおのずとハッキリしてくるはずです。それを自分に活かすのです。

上手な人の踊りを真似する方がよっぽど即効性はありますが、上手くないひとの踊りを分析することで考えること鍛えられるはずです。

なんとなく見ない

踊りを見るとそこには上達のヒントがごっそり埋まっています。ただし、そのヒントは掘り返さないと出てこないものなんです。

上手い人の踊りを見ようといわれたからなんとなく見ている。。。これでは意味がありません。常に「なぜ」「どうして」という視点で見なければ、それは見ていないのと変わりません。

「なぜ」上手いのか?それがわかれば「どうすれば」いいのかわかりますよね?「なんとなく」上手いのは自分の踊りには活かせないのです。

何を見たらいいの?

ここまで、上手い人、もしくはそうでない人のダンスを見ることを推奨してきました。ダンスをうまく踊るために、上手い下手に関わらず、ダンスを見ることは非常に効果があります。では、具体的には何を見たらいいのでしょうか?

身の周りの同レベルダンサー

一番手っ取り早いのが、身近でダンスをしている人です。社交ダンスサークルや部活動、社交ダンス教室に通っている人は周りの先輩ダンサーの人の動きを見るといいですね。練習場で練習している方は、他のカップルをしっかりとみるとよいです。上手くないなと思ったら、上手くない原因を考えて、自分はそうならない様に注意すればいいのです。上手かったらなぜかを考えて真似から入りましょう。

担当の先生

一番効果的なのは教えてくれている先生や先輩の動きを見ることです。その人が教えてくれた内容と、実際のその人の動きを比較して、「あぁ!そういうことを伝えたかったのか!」というのは多々あることです。もしも伝えられてわからないところがあれば、積極的に「わからないので踊って見せてください」と伝えるといいですよ。どんな先生も快くお手本を踊ってくれるはずです。

教わったことと実際の踊りをうまくリンクさせてチェックしてください。

DVD

DVDは非常にいい上達ツールだと思っています。できれば、レッスンDVDではなく、世界のトッププロが本気で踊っているものを選ぶとベストだと思います。

生ではほとんどお目にかかることができない世界チャンピオンクラスの選手の踊りが、時間を気にせずいつでも見れるのは非常に魅力的ですよね。私がおすすめする必須ツールです。

ちなみに私はDVDで世界チャンピオンクラスの方々の踊りを毎日見ています。「上手いなぁ」ではなく、「何か盗めるものはないか?」と見るようにしています。

私のおすすめはワールドスーパースターズというシリーズのDVDです。これは上手くなりたいダンサーなら必携です。1年に1作出ますが、過去のものも含め、手に入れられるものはすべてを手に入れるべきだと思っています。

インターネット

今やインターネット上には様々な社交ダンス動画が溢れ返っています。youtubeにも数えきれないほどの社交ダンスの動画がありますのでチェックしてみてください。

これらの動画は無料で見れるでしょう。お店では手に入らない映像も数多くアップされているはずです。暇があれば片っ端からみましょう。トップダンサーは例外なく様々な動画をチェックしているはずです。

しかし、無料なので画質が悪いのがマイナスポイントです。同じダンスの映像でも、小さい画面で見るのと大きなテレビで見るのとでは大違いです。小さい画面で上手い踊りを見ていると、踊りが小さく見えてしまいますので誤解の無いように注意が必要です。

生の競技会やデモンストレーション

小さい画面で見るよりは大きな画面で見た方がいいでしょう。しかし、大きな画面よりも生で見た方が何倍も得るものは大きいです。

スポーツが好きな方であればわかると思いますが、TVで中継されているものを見るのと、生で観戦するのとでは天と地ほどの差があるのです。生でダンスを見る機会があれば、積極的に観戦することをおすすめします。

生の踊りには大きく分けて2種類あります。デモンストレーションと競技会です。

デモンストレーションは主にダンスパーティーなどで見ることができます。自由な音楽に合わせて振付してありますので表現力や音楽性などが見どころでしょう。

競技会は本気のダンスが見れるのがポイントでしょう。勝敗が露骨につけられるので、みんな必死で上手に踊ろうとしています。本気の踊りを見たかったらぜひ競技会場に足を運びましょう。

教師試験を受けよう

社交ダンスがしっかり上達していれば、誰かに「教えてください!」とお願いされることもあるかと思います。その時に、しっかりした知識が無いと、嘘を教えてしまうことになりかねませんね。そうならないように、正しい知識を身につけましょう。

教師試験とは

学校の先生でもそうですが、教師資格を持つことが人を指導するうえでは必要になります。しかし、社交ダンスの世界では実のところ必須ではありません。

教師資格は最低限の知識を持つものに与えられます。つまり、最低限なのです。教師資格は正しい知識を得させるために設けられたものですが、ダンスにおいて「正しい」という言葉はナンセンスです。「格好いい」が正解ですから。そういった意味で、正しい知識を持つことの証明である教師資格は最低限になるのです。

教師資格を持つことの意味

教師試験を受けるにあたり、それまで適当だった知識がより一層明確になるはずです。それが私の考える教師試験を受ける意味なのです。

人に教えるうえで、適当は良くないですね。そこで教師試験を受けずとも、資格取得の勉強して最低限正しい知識を身につけましょう。