こんにちは。

先日インフルエンザに罹った山田圭一郎です。

「元気があれば何でもできる」

アントニオ猪木さんの名言ですが、確かにその通りだなーと実感。

元気があれば何でもできる

従姉妹の子供がくれました。

「元気を出して!」の元気の元ですね。

 

さて、2月11日(日)に西日暮里のファーストプレイス東京にてプロA級の競技会が開催されました。

今回はラテンアメリカン部門に出場しましたが、結果は準決勝進出でした。

自分たちらしいダンスが踊れたとは思いますが、結果は奮わずだったかな?

分相応ともいえるかも?

 

やはり試合に出ると課題が浮き彫りになりますね。

試合の集中力は練習のそれとは比べ物にならない感じです。

まぁ、練習の時もそれくらい集中できないと一流とは言えないですけど。

つまりまだ二流三流ですね。

 

いずれにせよ課題が見つかったので、また練習に励みたいと思います。

頑張るぞ!

元気があれば、なんでもできる!!!

この記事を書いた人

山田圭一郎
山田圭一郎
玉村ダンススクール公式ウェブサイトの管理人です。
JDCプロスタンダードA級ファイナリスト、JDCプロラテンアメリカンA級セミファイナリスト、全日本10ダンス選手権ファイナリストとして現役で活躍中。
パートナーの竹井先生と共に、玉村ダンススクールに勤務しています。