身体の固い人に、ストレッチの重要性とやり方

ワンポイントアドバイス

こんにちは。

ダブルサイズのマットレスなのに、セミダブルのベッド台を買ってしまった山田圭一郎です。

完全に凡ミスでサイズミスマッチ。

マットレスが台からはみ出てますが、何とか使っています。

 

ストレッチの重要性

今日はワインポイントアドバイスです。

ストレッチの重要性についてお話します。

 

正直に言うと、僕はストレッチが苦手です。

身体も固い方だし、社交ダンスが踊れる程度の柔軟性があればいいと思っていました。

でも、なんとなく柔軟性があったらもっといいダンスが踊れるような気がして、ストレッチ専門店に行ってきました。

 

ストレッチ専門店にて、驚きのカウンセリング結果が

入店して、まずカウンセリングを受けました。

僕は上半身が固い気がするので、上半身のストレッチをお願いしました。

そして様子を見るために全身の施術をしてもらうと衝撃の事実が明らかに。

 

固いと思っていた上半身は通常の人よりもかなりやらかい方で、逆に下半身の方が問題だ、と。

これは意外でした。

自分の主観では全く逆でしたから。

 

しかも下半身は固いのではなく、驚くほど疲労が溜まっているだけで、実際はかなり柔らかい筋肉なんだそうです。

これまた意外でした。

身体が固いのではなく、疲れが溜まっていただけなんて。

 

自分の身体は自分が一番よく分かっていると思っていましたが、実際は全く分かっていませんでした

施術前と施術後では、身体の軽さが驚くほど違っていました。

こんなに疲労がたまっていたなんて。

 

ストレッチの効果

皆さん当然わかっていることだと思うので今更書くのもなんですが、ストレッチの効果を上げてみます。

  • 最高のパフォーマンスを引き出す
  • 怪我の予防
  • 疲労の緩和
  • 美しい姿勢が出来る

 

竹井先生のストレッチ

 

今回施術を受けて、疲労の回復を肌で感じました。

筋肉を触ってみると、施術後の柔らかさは施術前とは段違いでした。

ただし、施術中の激痛はちょっと勘弁してほしいと思いましたが(苦笑)。

 

ストレッチの効果は様々ですが、基本的にいい効果しかありませんね。

スポーツ選手にとっては必須です。

是非、ダンサーの皆さんにもやってほしいと思います。

 

ですが、ストレッチのやり方が分からない、というのも事実でしょう。

そこで、僕がストレッチのやり方(ポイント)を聞いてきました。

 

身体が固い人向けのストレッチのやり方

具体的なストレッチのやり方は、他のサイトや書籍でも多く紹介されているので今更ここで挙げるつもりはありません。

大まかなやり方のポイントだけ示します。

 

痛くなるほどやっちゃダメ

僕は身体が固い(と思っていた)ので、早く成果を上げたいと思い、痛くても我慢して限界までストレッチしていました。

ところがこれは筋繊維を痛めてしまい、怪我をするので最もよくないことらしいです。

 

お相撲さんの股割りや新体操選手の柔軟体操などは、泣くほど痛いのを我慢して行うそうです。

ですが、筋繊維を痛めつけて無理矢理柔軟性を上げる仕組みのようなので、基本的にはNGだそうです。

ほんの少し痛くて、基本的には気持ちいいところまでにしておくのがベストだそうです。

 

10~20秒がベスト

これが最も驚いたポイントです。

一回のストレッチは、10~20秒程度がベストらしいです。

やればやるだけいいのかなと思っていましたが、そうでもないらしいのです。

 

一か所に付き10秒程度伸ばしたら必ず緩めましょう

それを3セットぐらい、つまり合計1分程度がいいようです。

そんなに短くていいんですね。

 

あまり反動をつけちゃダメ

これもよくやりがちですが、あまり反動をつけてやってはいけないそうです。

多少はいいそうですが、自分でやるときは、反動をつけない方がいいようです。

10秒程度ゆっくり伸ばし続けるようにストレッチしてください。

 

反対側もストレッチ

前に曲げる方向にストレッチをしたとすると、必ず後ろ側もストレッチするようにしてください。

左の場合は右に、上の場合は下にも。

身体はバランスが大切なんだそうです。

反対側も合わせて行うようにしてください。

 

成果は3ヶ月後に急にあらわれる

これも驚きでした。

毎日少しずつストレッチしていると、3ヶ月後くらいに、ある日急に柔らかくなるときが来るそうです。

「あれ?今日はもっといけそうだな。」と。

それまでは一切変わらないような感じがするそうなので、気長に頑張ってください。

 

ストレッチやり方まとめ

世の中にはいろんなストレッチがあふれています。

どれでもきっと成果は出るでしょうが、身体の固い僕のオススメを整理します。

 

一か所に付き20秒ゆっくり痛くない程度に伸ばすのを3セット行い、伸ばした方向と逆側にも同様にストレッチを施します。

上半身だけでなく下半身も、というように、出来るだけ体中をほぐします。

一日2回程度、朝晩行います。

一回のストレッチは10分程度に抑え、毎日行います。

 

これらのポイントを守ってみてください。

もちろん、僕も実践してみます。

お互い、成果が出るといいですね。

Follow me!

5000円相当の無料体験レッスン実施中

・個人レッスン1レッスン(25分 約4000円相当)
・団体レッスン1レッスン(1回 約1000円相当)

それぞれ無料で受けられます。
この機会にぜひお申し込みください。

無料体験のお申し込み
  1. いつかは開脚男子❗️

    彩子先生の前後開脚♥️素晴らしい❗️
    脚立の上からの撮影ですか❓
    前屈は22cm単に胴長、短足なだけで開脚は絶対に無理〜

    • 山田圭一郎山田圭一郎

      自宅スペースの階段から撮影です。
      開脚も為せば成るですよ。

  2. スリーエス(SSS)高崎店

    昨日は初のパーソナルストレッチお疲れ様でした

関連記事一覧

カテゴリー一覧